イメージ混信

イメージ混信

スーパーへテロダウン方式の受信機で起きる混信の形態。

たとえば、典型的な中波ラジオで1000kHzの信号を受信する場合、局部発振器からの1455kHzの信号と周波数混合することで、1455-1000=455kHzの中間周波数を得る。ところが、1910-1455=455が成り立つため、きちんと対策をとらないと1910kHzの信号も受信してしまう。この場合、1910kHzをイメージと呼ぶ。

イメージが混じって聞こえるのがイメージ混信である。