Chuckのディジタル

アナログでシンセやエフェクタを作っていますが、ディジタルでもやってみたくなりました。自己紹介目次

E-Crafts 電子工作のグループ (g:ecrafts) を立てています。興味ある方のご参加をお待ちしております。


検索エンジンより飛んでこられたかたで、お探しのキーワードが見つからないかたは、↑の検索をご利用ください。

2013-02-28

[]うぉっ

もう5年以上も放置していたブログですが、また少し書くかも。

少しデジタルをやらなくちゃという気が出てきた。


キーワード
ツナ缶 TOPPERS/JSP for Blackfin プロジェクト日本語トップページ - OSDN Uzume

2008-07-10

DSPの誕生とその発展」

西谷さんの書かれた表題の記事があることを教わりました。

これは id:suikanさんにお知らせしなくては。

suikansuikan2008/07/10 10:06ありがとうございます。速攻でダウンロードします。昼休みに読んでみますって、もう読んでます (^^;

2006-09-20

[] あ、

はじめてのDSP活用大全

とりあえず買い、と。

参照リンク:id:Chuck:20050519#p1

2006-09-15

[] う、安いんだけど…

http://www.analog.com/intl/japan/promotions/DSP_campaign/toolsDiscount2006.html

個人では手が出ない値段です…

2006-05-19

[] 久しぶりに弄ったら

本が出た id:Chuck:20060518#p1 ので TI DSK を久しぶりに弄ってみました。

電源アダプタが見つからない

どこいったんやろか…

EZKITのはちゃんとしまってあるべき場所にあったんだけど、DSKのが見つからない。+5Vのアダプタだったのでどこかへ使いまわしてしまったか?

Spartan3 ボードの電源アダプタを持ってきて火を入れた(また使いまわしか)。

新しい奴は 16MBらしい

うちの TMS320C6713 DSK の搭載 SDRAM は 8MB。ちぇ…

CCSは3.1まで進んでいるらしい

うちのは 2.2だかで止まっている。登録しているんだから教えてくれても…

本の付録CD-ROMに載っていたプロジェクトのいくつかを手元環境で re-build して動いているようなので、とりあえずはいいかな。

2006-05-18

[] 本を買いました

こっちのブログはお久しぶりです。

その1

最近は数値演算回路を組むことがないけれどなんとなく買ってみました。Wallaceツリーとグルミット(違う)。冗長二進木に関する話はないようです。

その2

C++活用DSPプログラミング―TMS320C6713搭載DSPスタータキットで学ぶ

C++活用DSPプログラミング―TMS320C6713搭載DSPスタータキットで学ぶ

  • 作者: 三上直樹
  • 出版社/メーカー: CQ出版
  • 発売日: 2006/05

id:Chuck:20040629 あたりで取り上げていた連載がまとまって本になった模様。

2005-07-21

[] メモ

CQ出版社、Design Wave マガジン 8月号からの連載、

鈴木昌治, "割り算回路設計,あの手この手"

第1回は、回復法による基本的な除算回路の設計

2005-01-28

結局

結局 もう一個は買いませんでした。

ひとつ家にあって、もうひとつ会社で自由に使えるところにあるので…

geniegenie2005/02/15 10:07惜しいっ! もう一個買っておけば私がプラス$100で買い取ったかも。笑
しかし、こんなところに駐屯されているとは知らなんだ・・・

ChuckChuck2005/02/15 10:53DSPものはこちらのグループの日記に書いています。といっても最近 あまりいじる時間がとれず進捗がいまひとつなのです。

2005-01-05

ADDS-BF533-EZLITE キャンペーン延長

お久しぶりでございます。(誰に言っとる)

ET2004でアナログデバイセズのキャンペーンがあり、いわく メーカー希望価格50,000円のBlackfinプロセッサ評価用キットが今なら12,800円! で、それが年末までだったものが 1/28まで延長されたということだそうです。(だから誰に言っとるのだ)

もう一個欲しいなぁ…

suikansuikan2005/01/28 00:40Rev 0.3 750Mhzに心が揺れまくったのは内緒。

2004-09-08

SciLab 3.0

d:id:atmori:20040903 で SciLab 3.0 が出ているのを知る。http://www.scilab.org

とはいえ最近はあまり使っていないのだけれど。